今月のカレンダー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィザードリィオンラインですって!

はい、今回はこの間から気になってたこのゲームの話題を。

ウィザードリィオンラインの情報が次々と発表されとりますー。
ちなみにかなりの長文となってしまいました。
そのつもりで宜しくお願いしますw

詳細は追記にて。

はい、そんな訳で。
今回はウィザードリィのネタで。

BGMはこちら。


勿論お題の通り、ウィズのゲーム音楽でw


んで。

まさかのまさか、ウィザードリィがオンラインゲームとなりました!
公式ホームページはこちら⇒http://www.wizardry-online.jp/

自分もこのゲームは何度もプレイしました。

恐らく全てのコンピューターRPGの原点ではなかったかな?
ゲームについての概要は⇒ウィザードリィ wikipedia記事

このゲーム、最初はApple IIというパソコン専用ゲームとして発売されました。
自分が初めてプレイしたのはファミコン版でした。
当時、小学生だった私はドラクエ等を経験した後に遊びだしたもので、
最初は難しそうなゲーム、という印象を持っていました。

そしてその印象は全く外れていませんでした・・・。

まあ何せシビアw
ドラクエ等の死んだらセーブポイントまで戻るとか、
セーブしたところからやり直しなんて甘いもんじゃないw

パーティが全滅すると死体がその場に留まるので、生き返らせたかったら回収する為の
人員をそこまで行かせなきゃいけないw

そして死者蘇生の魔法も失敗したら死体が灰になってしまい、その灰からの蘇生に
失敗したらロストという蘇生不可能の状態になります。

魔法失敗した時に出てくる『 *おおっと*』と言う台詞は、自分の中では
ドラクエⅢの『おきのどくですが ぼうけんのしょ1ばんは きえてしまいました。』
と同レベルの台詞(?)でしたww

そして敵も最初のうちはぬるいんですが、進めば進むほど恐ろしい敵が出てきたもんです。
ハイレベルの忍者はクリティカルヒットという名の一撃死攻撃を繰り出してきたり、
ライフスティーラーはエナジードレインという攻撃で、パーティメンバーのレベルを下げてきたり・・・


ドラクエやFF等に出てくる敵なんて、こいつらに比べればぬるいなんてもんじゃなかったっすwwww


後は恐ろしかったのは宝箱にほぼ必ず付いてる罠の存在。
その中でも凶悪なのがテレポーターという罠。
こいつは発動するとランダムでパーティをどこかに飛ばしてしまいます。

で・・・このゲームのテレポートというのは、座標指定型なんですよ。
(まあ例えばx座標15のy座標20みたいな感じ。)
んで、仮に指定した座標が迷宮の壁だったとします。
ぬるいゲームならきっと壁の横に出るとか、そもそも指定できないとかになるんでしょうね。

でもこのゲームは違う。
指定して飛べます。
飛んだらどうなるか・・・それは『いしのなかにいる』になります。
要するに石と同化=パーティ即死、全滅となります。

いやああああああ!!!!!

それを踏まえて、テレポーターの罠が発動すると・・・
運が良くて迷宮内のどこか、運が悪いといしのなか・・・


と、まあ何せシビア、その一言に尽きるゲームなんですがクリアした時の達成感も半端ない!
そしてこのゲーム、続編がいっぱい出てるんですが、ファミコン版では1~3が
プレイして育てたキャラがレベルやパラメーターをある程度受け継いで遊ぶ事ができました!

これは自分の中では衝撃でした。
何せレベルをいちいち1から上げなくていいんですからw

そのかわり、それをする為にはターボファイルⅡというモノが必要になってきました。
ターボファイル

これに一度1のキャラデータを移動して、カセットを差し替え、2などに移動させるって感じでした。

と、まあここまで色々語りまくってしまいましたが
百聞は一見にしかず!
って事でニコニコにあがってるプレイ動画をご紹介w

ゆっくりプレイ動画なんで、耐性のある方だけでどうぞw

この動画は分かりやすい+ネタが面白いのでウィズを知らない人にオススメですw

さあオンライン版はこの傑作RPGがどのように化けるのか・・・
一日千秋の思いで待つとしますかねw

ここまで読んでいただき、ありがとうございましたw

ではでは(・∀・)ノシ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウィザードリィって名前は聞いたことあるんですけどそんな難しいゲームだったとは知らなかったです…
いしの中に飛ばされるっていうのも驚異的ですね!
妙にリアルすぎるというか……小学生がプレイしたら途中で投げちゃうかもと想像しちゃいましたw

No title

全滅→救出隊出動→二次遭難→\(^o^)/オワタ

この一連の流れがよくあるパターンかとw

No title

私も名前だけ知ってる程度でした…。
そんな鬼畜なゲームがあったなんてw

懐かしい一品

こんにちは。
まさかのオンライン化ですね。このゲームは自分もファミコン版がデビューでした。
確かマーフィーズゴーストが必ず出る部屋の前で、コントローラの十字キーとAボタンをセロテープで固定して数日間放置してた記憶があります。(オートレベル上げ・・・?)( ´,_ゝ`)
死んだら即リセットしないと間に合わなかったら悲惨でしたね。
エナジードレインとかも恐怖でしたが、特に壁の中にテレポートしたら・・・・。いまだにゾッとするゲームです。

No title

>アルチェムさん
アメリカ産のゲームは昔からリアリズムがあるんですよねー。
今のFPSとかのジャンルしかり。
正直、その頃心が折れて諦めたのは1度や2度どころではなかったですww
忘れた頃に再挑戦してましたw

No title

>みづきさん
うはwwwさすが分かってらっしゃいますなwww
この一連の流れがループすると、心が折れますぜwww

No title

>流星さん
鬼畜と言うよりむしろ国産RPGがぬるすぎたのかもw
海外のゲームはグラフィックがしょぼい頃から、
徹底的にリアリズムを追求してきたようにも思えますねぇw

No title

>Wildcatさん
どうもですw
本当にまさかのオンライン化ですよね。
このシナリオ1をプレイする上で、自分は必ずと言っていいほど
マーフィーズゴースト師匠の組み手にお世話になりましたw
オートレベル上げ・・・そういや流行ってましたねーw
自分は親に怒られるので出来ませんでしたがw
そういや即リセ技もありましたねぇw 懐かしいw
テレポーターやエナジードレインはもうウィザードリィを語る上で外せないキーワードだと思ってますw
プロフィール

アルパインスター

Author:アルパインスター
バイクとゲーム、あと音楽をこよなく愛するダメ男。

最近はもっぱらFPS,TPS系のゲームに夢中な日々。
RO、MHシリーズは引退状態。
色々手広くやりすぎて、何がなんだか自分でも分からなくなってきているような。

これからは新作旧作問わず色々遊んでみるつもり…
でも新作ばっかりやってる今日この頃。

FC2ブックマーク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
注意事項
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権に つきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である 株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 なお、当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。